穀物市場 | 2018年02月10日 09:25 JST

〔シカゴ穀物展望〕南米の天候注視(9日)

 【シカゴ時事】来週のシカゴ商品取引所(CBOT)の穀物先物市場では、今週の農産物需給報告を消化したことで、再び南米の天候に関心が集まりそうだ。アルゼンチンでは今週末にかけて降雨が見込まれるものの、来週は再び高温・乾燥が予想され、トウモロコシや大豆の生育への影響が懸念される。  需給報告では、2017~18年度の米国産トウモロコシの期末在庫予測を引き下げる一方、米国産大豆については引き上げた。世界全体の期末在庫については、トウモロコシとともに大豆も引き下げた。  乾燥懸念が続くアルゼンチンについて、トウモロコシ、大豆ともに生産高を下方修正し、期末在庫も引き下げたのが影響した。  米商品先物取引委員会(CFTC)の取組高報告(6日現在)によると、トウモロコシ、大豆ともにファンド筋は売越枚数を前週から減少させた。  9日の清算値は次の通り。  トウモロコシ3月物=前週末比0.50セント高の362.00セント、大豆3月物=4.25セント高の983.00セント、小麦3月物=2.25セント高の449.00セント(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.46 +0.46
NYMEX金先物 8月限 1176.2 +5
NYMEXプラチナ先物 9月限 783.1 -5.8
NYMEXガソリン 8月限 1.9874 -0.009
WTI ・・・ 65.88 +0
シカゴコーン ・・・ 365.25 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 885.5 +1
シカゴコーヒー ・・・ 101.1 -0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0