穀物市場 | 2018年02月13日 11:08 JST

〔東京穀物〕コーン、高寄り後もみ合い=一般大豆は期先が反発(13日午前)

 トウモロコシは、高寄り後もみ合い。午前11時現在、2019年1月先ぎりは前営業日比20円高の2万2500円、ほかは7月きりの100円安を除き、10~30円高。日中立ち会いは、12日のシカゴ高を背景に、買い優勢で始まった。寄り後は、決め手になる材料が乏しく、全般が日中始値付近で推移している。  一般大豆は期先2限月が反発。シカゴ大豆の堅調地合いを引き継いだ買いが入り、12月先ぎりが240円高の4万6500円の出合い。ほかは8月きりが200円安、10月きりが440円高。期近3限月は、日中立ち会いで取引が成立していない。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 46.24 +1.14
NYMEX金先物 12月限 1249.2 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 794.8 +2.1
NYMEXガソリン 12月限 1.3505 +0.0348
WTI ・・・ 46.07 +0
シカゴコーン ・・・ 385.5 -1.75
シカゴ大豆 ・・・ 907.75 -5.25
シカゴコーヒー ・・・ 101.45 +2.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0