穀物市場 | 2018年03月13日 06:48 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕ほぼ変わらず=5月きりは小反発(12日)

 ほぼ変わらず。中心限月の5月きりは小反発し、0.25セント高の390.75セント。  小麦と大豆の相場が序盤の下げから値を戻したことが、トウモロコシ相場を支えた。  米国産トウモロコシの堅調な輸出需要も、相場の支援材料になった。アルゼンチンの干ばつもあり、世界市場で割安な供給先がほとんどなくなった状況だ。  米農務省によると、米国産トウモロコシの先週の輸出検証高は140万トンで、アナリスト予想の90万~120万トンを上回った。  農務省はまた、米国産トウモロコシ10万7752トンの日本向け輸出と、仕向け地不明で25万4800トンの売却を、それぞれ発表した。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.58 -1.35
NYMEX金先物 12月限 1242.7 -4.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 797.5 -10.3
NYMEXガソリン 12月限 1.4782 -0.0353
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907 -7
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0