穀物市場 | 2018年03月13日 10:40 JST

〔東京小豆〕期先、3日続落=需給緩和観測の高まり受け(13日午前)

 期先2限月が3営業日続落。日中立ち会いは、需給緩和観測が高まる中、小口の売りが先行している。午前10時半現在、8月先ぎりは前日比80円安の1万3030円、7月きりが200円安、6月きりが180円安。期近3限月は出合いがない。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.07 +0.23
NYMEX金先物 6月限 1275.6 -1.2
NYMEXプラチナ先物 7月限 864.9 +0.2
NYMEXガソリン 6月限 2.0379 +0.0014
WTI ・・・ 65.09 +0
シカゴコーン ・・・ 353.75 -0.25
シカゴ大豆 ・・・ 889 +0.5
シカゴコーヒー ・・・ 114.1 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0