穀物市場 | 2018年03月14日 06:35 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕小幅続伸=旺盛な輸出需要で(13日)

 小幅続伸。テクニカル要因の買いが入ったことに加え、米国産トウモロコシに対する世界的に旺盛な需要に支えられ、一時7カ月ぶりの高値を付けた。  中心限月5月きりの清算値は1.00セント高の391.75セントとなった。一時395.25セントまで上昇した。  世界3位のトウモロコシ輸出国であるアルゼンチンの干ばつを受け、米国産トウモロコシに対する需要が高まっている。  欧州のトレーダー筋によると、韓国の輸入業者が過去1週間にトウモロコシ100万トン超を購入し、その大半は米国産だった。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.8 -0.07
NYMEX金先物 2月限 1282.6 -4.8
NYMEXプラチナ先物 2月限 797.4 +0
NYMEXガソリン 1月限 1.4528 -0.0118
WTI ・・・ 51.78 +0
シカゴコーン ・・・ 381.75 -1
シカゴ大豆 ・・・ 916.75 +1.25
シカゴコーヒー ・・・ 104.95 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0