穀物市場 | 2018年04月14日 08:11 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕反落=小麦、大豆につれ安(13日)

 反落。トレーダー筋によると、テクニカルな売りに押されたほか、小麦・大豆相場の下落につれた。  5月きりの清算値は、2.50セント安の386.25セント。  商品ファンド筋はトウモロコシ先物で、ネットでロングポジションを保持しており、相場は手じまい売りに対して脆弱(ぜいじゃく)な状況となっている。  一方で市場は、米作付け開始の遅れへの懸念に支えられた。サウスダコタ州とネブラスカ州では14日にかけて悪天候に見舞われ、トウモロコシと小麦の作付けの遅れから、生産者が大豆作付けに切り替える可能性がある。  トランプ政権がエタノール15%混入のガソリン販売を認可するとの報道も、相場を下支え。米産エタノールの大半は、トウモロコシ由来。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 70.78 +1.2
NYMEX金先物 10月限 1196.6 +3
NYMEXプラチナ先物 10月限 829.6 -0.6
NYMEXガソリン 9月限 2.0171 +0.0347
WTI ・・・ 70.75 +0
シカゴコーン ・・・ 357.25 +3.5
シカゴ大豆 ・・・ 847.25 -4
シカゴコーヒー ・・・ 98.6 -1.3
CRB商品指数 ポイント 0 +0