穀物市場 | 2018年05月05日 07:20 JST

〔シカゴ小麦〕反落=テクニカルな売りと米プレーンズの降雨(4日)

 反落。テクニカル要因に基づく売りに加え、グレートプレーンズでの収穫高への懸念が和らぎつつあることが相場を押し下げた。  7月きりの清算値は11.75セント安の526.25セント。  3日に昨年8月1日以来の高値となる538.50セントを付けて以降、下落に転じている。  トレーダーによると、米プレーンズの降雨で、乾燥した天候が作物の生育に悪影響を与えるとの懸念が後退したという。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.85 +4.88
NYMEX金先物 9月限 1490.9 +15.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 952.2 +3.5
NYMEXガソリン 9月限 1.5531 +0.139
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 898.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 99.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0