穀物市場 | 2018年05月15日 06:43 JST

〔シカゴ大豆〕反発=安値拾いと輸出需要改善期待に(14日)

 反発。安値拾いの買いと輸出需要改善の兆しに支えられた。  米農務省が14日発表した大豆の週間輸出検証高によると、10日までの週の輸出検査数量は68万8195トンと、予想(45万~65万トン)を上回った。  また、トレーダーらによれば、トランプ米大統領が中国通信機器大手・中興通訊(ZTE)を救済する可能性に言及したことで、米中貿易摩擦が緩和するとの期待が浮上したという。  7月きりはこの日の取引で200日移動平均を突破した。清算値は14.50セント高の1017.75セント。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 66.43 +0.66
NYMEX金先物 8月限 1186.8 +3.7
NYMEXプラチナ先物 9月限 792.5 -7.2
NYMEXガソリン 8月限 2.0151 +0.0046
WTI ・・・ 66.45 +0
シカゴコーン ・・・ 362 -2.75
シカゴ大豆 ・・・ 881.75 -5.75
シカゴコーヒー ・・・ 98.05 +0.8
CRB商品指数 ポイント 0 +0