穀物市場 | 2018年05月15日 06:45 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕変わらず=作付け状況報告待ち(14日)

 変わらず。作付け状況の最新情報待ちで、狭いレンジの動きとなった。  7月きりの清算値は前週末11日と同じ396.50セント。20日移動平均の上値抵抗線に直面した。40日移動平均に下値支持線が見られた。  今週、米中西部で降雨によって作付けが遅れるとの懸念が相場を下支えた。  アナリストらは、米農務省が14日発表する週間作付け進捗(しんちょく)率で、5月13日終了週の米国産トウモロコシの作付けが59%になると予想した。この週の5年間の平均作付けは63%。  農務省が14日発表した週間輸出検証高によると、10日までの週の輸出検査数量は155万4495トンと、予想(140万~180万トン)の範囲内だった。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.65 +0.72
NYMEX金先物 10月限 1226.5 +0
NYMEXプラチナ先物 10月限 827.8 +4.6
NYMEXガソリン 10月限 1.8911 +0.0256
WTI ・・・ 69.11 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 -4.5
シカゴ大豆 ・・・ 863.5 -7.25
シカゴコーヒー ・・・ 121.65 -0.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0