穀物市場 | 2018年06月13日 06:52 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕大幅反発=需給報告の強気見通し(12日)

 大幅反発。小麦相場の急伸に加え、米農務省が12日発表した6月の農産物需給報告で、トウモロコシの需要と供給について強気の見通しを示したことが相場を押し上げた。  報告によると、2017~18年度の米国産トウモロコシの期末在庫予測は21億0200万ブッシェルと、5月時点の予測から8000万ブッシェル減少。アナリスト予想の下限を下回った。輸出の増加予想が在庫減少に寄与した。  7月きりの清算値は10.25セント高の377.50セント。1日の上昇率としては4月23日以来の大きさ。前日は約5カ月ぶり安値を付けた。  農務省が、世界最大の小麦輸出国ロシアの小麦生産予測を下方修正したことを受け、小麦先物相場は4%近く急伸した。  農務省はまた、メキシコが米国産トウモロコシ15万2000トンを購入したと発表した。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.65 +0.72
NYMEX金先物 10月限 1226.5 +0
NYMEXプラチナ先物 10月限 827.8 +4.6
NYMEXガソリン 10月限 1.8911 +0.0256
WTI ・・・ 69.11 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 -4.5
シカゴ大豆 ・・・ 863.5 -7.25
シカゴコーヒー ・・・ 121.65 -0.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0