穀物市場 | 2018年07月10日 06:40 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕反落=猛暑の落ち着きを嫌気(9日)

 反落。米中西部の産地の気温が、事前予想を下回るとの予報が出ていることがトレーダーらに嫌気された。米トウモロコシの産地は、これから受粉期を迎える。  米中西部の一部で今週、降雨が予想されていることもトウモロコシ相場を圧迫した。  12月きりの清算値は6.00セント安の367.00セント。  気象学者によると、米中西部の猛暑は受粉期を迎える来週までに和らぐ見込み。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.46 +0.37
NYMEX金先物 11月限 1212.8 +8.1
NYMEXプラチナ先物 1月限 845.3 +2.7
NYMEXガソリン 11月限 1.5566 +0.0247
WTI ・・・ 56.44 +0
シカゴコーン ・・・ 367.5 -2.75
シカゴ大豆 ・・・ 888.75 +3.75
シカゴコーヒー ・・・ 112.55 +2.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0