穀物市場 | 2018年07月13日 06:39 JST

〔シカゴ大豆〕反発=終盤に買い戻し(12日)

 反発。米農務省はこの日発表した7月の需給報告で、2018~19年度の大豆の輸出高予測を引き下げ、在庫見通しを過去最高水準に引き上げたことから、約定最安値を付けたが、終盤に買い戻しが入った。  11月きりは一時838.00セントと約定最安値を付けたが、その後値を戻して清算値は1.00セント高の849.25セント。  農務省が発表した米国産大豆の輸出成約高(旧穀と新穀の合計)は42万9400トンと、市場予想を下回った。  中国は12日、18~19年度の大豆輸入量見通しを下方修正し、米国との貿易摩擦による価格上昇が需要を抑制すると予想した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 70.32 +0.44
NYMEX金先物 10月限 1206.6 +1.5
NYMEXプラチナ先物 10月限 834.2 +3.1
NYMEXガソリン 9月限 2.0146 +0.0156
WTI ・・・ 70.72 +0
シカゴコーン ・・・ 352.5 +1.75
シカゴ大豆 ・・・ 850.25 -4.75
シカゴコーヒー ・・・ 100 +0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0