穀物市場 | 2018年07月19日 06:46 JST

〔シカゴ大豆〕続伸=米輸出需要増や米産地での収穫懸念受け(18日)

 3日続伸。16日序盤に10年ぶりの安値水準を付けた後、値を戻しており、この日も買いが続いた。  11月きりの清算値は2.50セント高の857.75セント。  トレーダー筋は、米国産大豆の輸出需要への期待が相場を支えていると指摘した。  また、米国の一部産地での高温で乾燥した天候を受け、米国での収穫への懸念も支援材料になった。  米農務省が19日発表する週間輸出成約高は、30万~100万トンになると予想されている。  米農務省は18日、輸出業者が2018~19年度の引き渡しで米国産大豆19万9500トンをパキスタンに売却したと発表した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.03 +0.08
NYMEX金先物 4月限 1306.5 -2.5
NYMEXプラチナ先物 4月限 852.6 +4.7
NYMEXガソリン 3月限 1.8931 +0.0002
WTI ・・・ 59.07 +0
シカゴコーン ・・・ 371.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 904 -1.25
シカゴコーヒー ・・・ 96.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0