穀物市場 | 2018年08月16日 06:46 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕小反落=ドル高や中西部の降雨が圧迫(15日)

 小反落。ドル高のほか、米中西部での降雨、さらに貿易問題が輸出需要を減退させるとの懸念が地合いを圧迫した。  12月きりの清算値は0.50セント安の376.00セント。  トウモロコシや大豆の主要産地である米中西部で15日に数インチの雨が降った。今後5日間はさらに降雨が見込まれる。  米農務省が10日に発表した農産物需給報告を受けて、小麦やトウモロコシ、大豆は地合いが悪化。報告によると、大豆やトウモロコシの収穫が想定を上回る見込み。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.3 +0.44
NYMEX金先物 7月限 1426.1 +10.1
NYMEXプラチナ先物 8月限 845.2 +12.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8342 +0.0133
WTI ・・・ 55.39 +0
シカゴコーン ・・・ 424.5 +7.5
シカゴ大豆 ・・・ 881.25 +19.75
シカゴコーヒー ・・・ 107.1 -1.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0