穀物市場 | 2018年09月13日 06:54 JST

〔シカゴ小麦〕続落=世界の期末在庫見通しやトウモロコシ安受け(12日)

 続落。トウモロコシ相場安につれたほか、米農務省農産物需給報告で、2018~19年度の世界小麦期末在庫見通しが市場予想を上回ったことを受け、2カ月ぶりの安値を付けた。  12月きりの清算値は12.00セント安の506.75セント。  米農務省は9月需給報告で、米トウモロコシの1エーカー当たりの収穫量を史上最高となる181.3ブッシェルに上方修正した。これを受け、トウモロコシ相場が下落し、小麦はつれ安になった。  農務省は、18~19年度の世界小麦期末在庫見通しを、市場の予想レンジ上限の2億6129万トンに上方修正した。  18~19年度のロシア産小麦の収穫見通しが前月の6800万トンから7100万トンに上方修正されたことも、市場に驚きを与えた。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 70.32 +0.39
NYMEX金先物 10月限 1206.6 -7.1
NYMEXプラチナ先物 10月限 834.2 -5.5
NYMEXガソリン 9月限 2.0146 -0.0011
WTI ・・・ 70.75 +0
シカゴコーン ・・・ 352.5 +5.25
シカゴ大豆 ・・・ 850.25 -0.5
シカゴコーヒー ・・・ 99.7 -0.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0