穀物市場 | 2018年09月14日 06:43 JST

〔シカゴ小麦〕続落=ロシア産小麦生産見通しを嫌気(13日)

 続落。米農務省が予想に反してロシアの小麦生産見通しを引き上げたことが材料視された。  12月きりの清算値は9.75セント(1.9%)安の497.00セント。ここ8営業日中7営業日で下落した。  主要な小麦供給国ロシアから、米国産より安価な小麦が予想より多く出回る見込みになり、米国産小麦の輸出見通しは一段と悪化した。  農務省が13日朝に発表した小麦の週間輸出成約高は38万7600トンと、予想(30万~50万トン)の範囲内の水準だった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.46 +0.37
NYMEX金先物 11月限 1212.8 +8.1
NYMEXプラチナ先物 1月限 845.3 +2.7
NYMEXガソリン 11月限 1.5566 +0.0247
WTI ・・・ 56.44 +0
シカゴコーン ・・・ 367.5 -2.75
シカゴ大豆 ・・・ 888.75 +3.75
シカゴコーヒー ・・・ 112.55 +2.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0