穀物市場 | 2018年09月14日 11:06 JST

〔東京穀物〕トウモロコシ、玉次第=ポジション調整主体(14日午前)

 トウモロコシは玉次第の動き。午前11時現在、中心限月2019年9月先ぎりが前日比10円高の2万3370円、ほかは70円安~20円高。日中立ち会いは、13日のシカゴ相場が小麦安になびき続落したものの、為替相場が円安・ドル高に振れたことが下値を支え、小動きで始まった。その後は、取引中のシカゴ、円とも動意に欠ける中、3連休を控え、ポジション調整主体の取引が続いている。11月当ぎりと3月きりは日中の出合いがない。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.46 +0.59
NYMEX金先物 12月限 1223 -2.7
NYMEXプラチナ先物 12月限 844.8 -0.3
NYMEXガソリン 11月限 1.577 +0.0099
WTI ・・・ 56.44 +0
シカゴコーン ・・・ 364.75 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 892.25 -3.5
シカゴコーヒー ・・・ 112.6 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0