������������ | 2018年09月20日 06:44 JST

〔シカゴ小麦〕1週間ぶり高値=テクニカルな買い、輸出好調で(19日)

 続伸。テクニカルな買いに加え、最近の活発な輸出成約が背景。  12月きりの清算値は12.00セント高の522.50セント。一時、12日以来の高値となる523.25セントを付けた。  エジプトは18日に47万5000トンを予約、シリアはロシア産小麦を約20万トン購入、トルコ穀物評議会(TMO)は、約25万2000トンの買い付け意向を表明した。  米農務省が20日公表する米国産小麦の週間輸出成約高について、アナリストは25万~50万トンと予想している。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.2 -1.1
NYMEX金先物 12月限 1237 +4
NYMEXプラチナ先物 1月限 785.3 +6.9
NYMEXガソリン 12月限 1.4343 -0.0133
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.75 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 900.5 +5.5
シカゴコーヒー ・・・ 97.65 +0.7
CRB商品指数 ポイント 0 +0