������������ | 2018年09月22日 07:42 JST

〔シカゴ穀物展望〕米四半期在庫に注目=中西部で一部収穫遅れ(21日)

 【シカゴ時事】来週のシカゴ商品取引所(CBOT)の穀物先物市場では、米農務省が週末28日に発表する四半期在庫報告(9月1日時点)が注目される。近年の豊作でトウモロコシと大豆の供給量がともに増加傾向にある中、最近の輸出動向などを踏まえ、在庫がどの程度減少するのか市場関係者は注視している。  同省によると、6月1日時点の四半期在庫は、トウモロコシが前年同時点比1%増の53億0594万ブッシェル、大豆は26%増の12億2150万1000ブッシェルだった。9月1日時点の在庫は6~8月の消費分減少する。  農務省のクロップ・プログレス(16日現在)によると、トウモロコシの収穫率は9%(過去5年平均6%)、大豆は6%(同3%)と、平年のペースを上回っている。ただ、コーンベルト西部では激しい降雨で局地的に洪水が起き、収穫作業は停滞。収穫ペースが今後鈍化する可能性があり、相場の下支え要因になることも考えられる。  米気象予報センター(CPC)の6~10日予報(9月27日~10月1日)は、中西部の気温は西域を中心に平年より低めで、降水量は全般的に多めの見込み。向こう2週間の天気予報を見ても、雨がちの日が続きそうで、市場では「収穫期の天候リスクを買う動き」(アナリスト)も出ている。  21日の清算値は次の通り。  トウモロコシ12月物=前週末比5.50セント高の357.25セント、大豆11月物=16.75セント高の847.25セント、小麦12月物=10.25セント高の521.75セント(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 71.78 -0.5
NYMEX金先物 10月限 1226.4 +0.7
NYMEXプラチナ先物 11月限 842.7 -0.5
NYMEXガソリン 10月限 1.9443 -0.0007
WTI ・・・ 71.79 +0
シカゴコーン ・・・ 378.25 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 891.5 -6.5
シカゴコーヒー ・・・ 118.6 -0.75
CRB商品指数 ポイント 0 +0