穀物市場 | 2018年10月10日 06:39 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕続落=生産増見通し受け(9日)

 続落。米農務省が11日発表する需給報告を控え、手じまい売りが出た。需給報告では2018年の生産高が増えると見込まれている。  12月きりの清算値は2.00セント安の364.50セント。  今週は西部の主要産地の大部分で降雨となり、収穫作業が遅れる見込み。ただ、週末にはより乾燥した天候になるという。  需給報告では、米国産トウモロコシの収量が増え、米国と世界の供給量が増加すると見込まれている。  トランプ米大統領が9日、エタノールの混合比率の高いガソリンの夏季販売の解禁を発表するとの報道を受け、トウモロコシ相場の下げ幅は限定的になった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.09 -0.2
NYMEX金先物 2月限 1340.1 +1.9
NYMEXプラチナ先物 3月限 819.4 +3
NYMEXガソリン 2月限 1.5638 -0.0058
WTI ・・・ 56.07 +0
シカゴコーン ・・・ 369.75 +3.75
シカゴ大豆 ・・・ 900.75 -0.5
シカゴコーヒー ・・・ 97.45 +0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0