穀物市場 | 2018年10月11日 06:43 JST

〔シカゴ大豆〕続落=需給報告控え(10日)

 続落。米農務省の需給報告の発表を控えてトレーダーらがポジションを手じまい、1週間超ぶりの安値を付けた。需給報告では潤沢な供給が示されると予想されている。  11月きりの清算値は、10.75セント安の852.25セント。10日と50日の移動平均線を下回ったが、20日移動平均の下値支持線を維持した。  長引く米中間の貿易摩擦をめぐる懸念は、相場の重しになった。  米中西部で今週、降雨で収穫作業に遅れが生じたことが支援材料になった。ただ、来週は乾燥天候が予想されている。  米農務省が9日発表したクロップ・プログレス(7日現在)によると、大豆の収穫率は32%になり、過去5年平均の36%を下回った。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.88 -1.43
NYMEX金先物 12月限 1247.4 -1
NYMEXプラチナ先物 1月限 795.9 -5.1
NYMEXガソリン 12月限 1.4104 -0.0234
WTI ・・・ 49.75 +0
シカゴコーン ・・・ 384 +2.25
シカゴ大豆 ・・・ 904.75 +6.5
シカゴコーヒー ・・・ 94.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0