穀物市場 | 2018年11月07日 06:40 JST

〔シカゴ大豆〕小幅続落=テクニカルな売りで(6日)

 小幅続落。米中間選挙の結果や米農務省が8日発表する需給報告を控え様子見ムードが強い中、テクニカルな売りに押された。  1月きりの清算値は1.50セント安の884.25セント。  ロイター通信のアナリスト調査によると、需給報告で単収が引き下げられる一方、期末在庫が上方修正されると見込まれている。  農務省は5日、米国産大豆の収穫進捗(しんちょく)率が83%になったと発表した。この時期の5年平均(89%)を下回る水準だった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.25 -0.31
NYMEX金先物 12月限 1210.1 -0.8
NYMEXプラチナ先物 1月限 833.8 +1.9
NYMEXガソリン 11月限 1.5606 -0.0115
WTI ・・・ 56.11 +0
シカゴコーン ・・・ 367 +0
シカゴ大豆 ・・・ 870.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 112.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0