穀物市場 | 2018年11月09日 06:36 JST

〔シカゴ大豆〕小幅続落=農務省の在庫予想引き上げで(8日)

 小幅続落。米農務省が2018~19年度の米国産大豆の期末在庫予想を、大半のアナリスト予想よりも大幅に引き上げたことを受けた。  1月きりの清算値は0.50セント安の879.00セント。一時は864セントまで下げた。  米農務省は11月の需給報告で18~19年度の米国産大豆の期末在庫予想を、これまでの8億8500万ブッシェルから、9億5500万ブッシェルに引き上げた。これはアナリスト予想平均の8億9800万ブッシェルをも上回った。  在庫予想の引き上げは、米国と貿易戦争を繰り広げている、主要な大豆購買国・中国への販売減に絡んだ米農務省の大豆輸出予想の引き下げを反映している。  米農務省は米国産大豆の推定単収を、10月の需給報告での53.1ブッシェルから、52.1ブッシェルに引き下げたが、期末在庫予想がより材料視された。  トウモロコシ先物相場が上昇に転じる中、大豆先物は取引終盤で下げ幅を縮小した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.25 -0.27
NYMEX金先物 12月限 1210.1 -0.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 833.8 +2.2
NYMEXガソリン 11月限 1.5606 -0.0112
WTI ・・・ 56.11 +0
シカゴコーン ・・・ 367 +0
シカゴ大豆 ・・・ 870.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 112.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0