穀物市場 | 2018年11月22日 14:10 JST

〔週間見通し〕シカゴ穀物、米中協議待ちで底堅い動きか=マーケットエッジ・小菅氏

 小菅努・マーケットエッジ代表取締役=シカゴ穀物相場は、大豆とトウモロコシがともに米中貿易関連のイベント待ちとなり、底堅い動きを見せるだろう。大豆の中心限月2019年1月きりは865~900セント、コーン期近12月きりが355~375セントでそれぞれ推移するとみている。  アルゼンチンでの20カ国・地域(G20)首脳会議は30日に始まるため、少なくとも週前半は動意が薄れる。G20に合わせて開かれる予定の米中首脳会談について、株式市場では悲観的な見方が出ている。  穀物市場は、大豆の関税をめぐる行方に関心を寄せているが、ネガティブな材料は出尽くした感がある。多少、下落する場面はあっても下げ幅が限定的になろう。仮に、関税の撤廃や引き下げが出てくれば上昇するが、その可能性は低い。コーンは、大豆の動きを眺めて取引されることになるだろうが、こちらも下げ余地は小さい。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.15 +0.21
NYMEX金先物 12月限 1244.4 -0.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 807.1 -1.2
NYMEXガソリン 12月限 1.4204 +0.0058
WTI ・・・ 50.99 +0
シカゴコーン ・・・ 376.25 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 920 -1.25
シカゴコーヒー ・・・ 97.75 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0