穀物市場 | 2018年12月05日 15:49 JST

〔東京穀物〕コーン、期先が小幅続伸=高寄り後は材料難で様子見(5日)

 トウモロコシは、期先が小幅続伸。終値は、中心限月2019年11月先ぎりが前日比40円高の2万4260円、ほかは100円安~10円高。期近2限月は取引が成立がしなかった。日中立ち会いは、前日のシカゴ相場が中国による米国産農産物の輸入拡大期待から上昇した流れを受け、小幅高で寄り付いた。ただ、その後は、決め手材料難から様子見ムードが広がり、始値を中心に狭いレンジの動きにとどまり、プラス圏とマイナス圏を行き来した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.41 +1.38
NYMEX金先物 2月限 1309.8 +9
NYMEXプラチナ先物 3月限 787.5 +17.9
NYMEXガソリン 2月限 1.5085 +0.0657
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 903.5 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0