穀物市場 | 2019年01月10日 06:38 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕反発=中国の輸入拡大期待(9日)

 反発。南米での作柄見通しの悪化や今週開催された米中貿易協議を受けて、中国が米農産物の買い付けを加速させるとの期待感が相場を下支えした。  3月きりの清算値は2.00セント高の382.00セント。20日、50日移動平均の下値支持線を維持した。  米中貿易協議は9日終了した。米通商代表部(USTR)によると、中国が約束した農産物を含む「相当量」の米国産品の購入に焦点が当てられた。  ブラジルの一部地域での高温で乾燥した天候や、アルゼンチンでの大雨など、南米の悪天候も買いを支援した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.51 +0.18
NYMEX金先物 7月限 1341.7 +0.7
NYMEXプラチナ先物 7月限 804.7 +0.4
NYMEXガソリン 6月限 1.7325 +0.0071
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 453 +0
シカゴ大豆 ・・・ 896.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 96 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0