穀物市場 | 2019年02月08日 12:33 JST

〔週間見通し〕シカゴ穀物、上値重い展開=米中協議の不透明感で―楽天証券・吉田氏

 吉田哲・楽天証券経済研究所コモディティアナリスト=来週のシカゴ穀物相場は上値が重い展開を予想する。米中貿易協議で両国の隔たりが大きいことが分かり、協議期限の3月1日までの行方に不透明感が出てきた。今月に入り、為替相場はドル高に向かう動きがみられ、どちらもシカゴ相場に重しとして働く。  日本時間9日深夜、米農務省の農産物需給報告が発表される。長い間延期されていたので、市場で待ち構えている向きは多い。大豆やトウモロコシの生産高の下方修正が予想されているが、相場には織り込まれている。サプライズ的な内容がなければ、市場の関心は、米中協議とドル高に向かうだろう。  米中協議を踏まえ、中国による大豆購入は遠のいたと期待後退ムードが広がる可能性が出てきた。ドルインデックスを見ると、ドルが反発基調にあり、コモディティーにはマイナスに作用することになる。  期近3月きりでみた価格の動きは、軟調地合いの中、大豆が900セント割れも視野に入る可能性がある。コーンは、370セント付近まで下落する局面が考えられる。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.16 -0.14
NYMEX金先物 2月限 1343.3 -9.8
NYMEXプラチナ先物 4月限 834.2 -5.8
NYMEXガソリン 2月限 1.5981 -0.0061
WTI ・・・ 56.85 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 +6
シカゴ大豆 ・・・ 902.5 +9.75
シカゴコーヒー ・・・ 96.75 -0.8
CRB商品指数 ポイント 0 +0