穀物市場 | 2019年02月21日 06:38 JST

〔シカゴ大豆〕反発=ブラジル産の輸出減懸念で(20日)

 反発。テクニカルな買いが入ったほか、農業調査会社がブラジルの今年の大豆輸出見通しを下方修正したことが背景。  3月きりの清算値は1.75セント高の902.50セント。  農業調査会社アグロコンサルトは20日、ブラジルの今年の大豆輸出見通しを7020万トンとし、従来予想の7300万トンから下方修正。大豆生産見通しもわずかに引き下げ、1億1640万トンとした。従来予想は1億1650万トンだった。  米農務省は今週、米国での今年の大豆の作付面積予測を公表する。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 62.87 -0.16
NYMEX金先物 5月限 1285 -5
NYMEXプラチナ先物 6月限 832.6 -14.3
NYMEXガソリン 5月限 2.0618 -0.0189
WTI ・・・ 62.72 +0
シカゴコーン ・・・ 379 +3.75
シカゴ大豆 ・・・ 839.75 -19
シカゴコーヒー ・・・ 88.05 -1.95
CRB商品指数 ポイント 0 +0