穀物市場 | 2019年03月19日 06:43 JST

〔シカゴ大豆〕反落=テクニカルな売り(18日)

 反落。米中通商協議に関する材料に乏しい中、テクニカル要因に基づく売りが出た。  5月きりの清算値は3.50セント安の905.75セント。  米農務省がこの日発表した週間輸出検証高によると、米国産大豆は84万1888トンと、予想レンジ(80万~100万トン)内だった。  INTL・FCストーンは15日、今年の米国のトウモロコシ作付面積が9040万エーカーに達するとの見通しを示した。  市場は、米中西部西域やミシシッピデルタでの洪水に注目している。洪水により、今後数週間でトウモロコシの作付けが遅れ、大豆栽培に切り替わる可能性がある。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.21 -1.19
NYMEX金先物 5月限 1276.4 +4.2
NYMEXプラチナ先物 7月限 889.7 +4
NYMEXガソリン 4月限 2.1321 -0.0271
WTI ・・・ 65.18 +0
シカゴコーン ・・・ 347.5 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 859.25 -2.75
シカゴコーヒー ・・・ 92.05 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0