穀物市場 | 2019年03月21日 08:24 JST

〔シカゴ小麦〕反発=小麦産地の悪天候懸念で(20日)

 反発。買い戻しの動きが見られたほか、米中西部の軟質赤色冬小麦の産地とプレーンズ北部の春小麦地産地の天候懸念が支援材料だった。  5月きりの清算値は8.25セント高の464.75セント。  春小麦の主要産地ノースダコタ州などプレーンズ北部での大雪と洪水予報により、2019年作物の作付けが遅れるリスクが高まった。通常は4月に作付けが始まる。  商品ファンド筋はまとまった規模のショートポジションを抱え、買い戻しが入りやすい状況になっている。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.21 -1.31
NYMEX金先物 5月限 1276.4 +4.8
NYMEXプラチナ先物 7月限 889.7 +3.9
NYMEXガソリン 4月限 2.1321 -0.0334
WTI ・・・ 65.18 +0
シカゴコーン ・・・ 347.5 +2.25
シカゴ大豆 ・・・ 859.25 -1.5
シカゴコーヒー ・・・ 92.05 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0