穀物市場 | 2019年03月26日 06:51 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕4日続伸=ショートカバー、米作付け懸念で(25日)

 4営業日続伸。ショートカバーが入ったほか、米中西部の洪水で今春の作付けが減ったり、遅れたりするとの懸念が相場を支えた。5月きりの清算値は1.50セント高の379.75セント。一時は22日に記録した3週間半ぶり高値と同水準の380.75セントまで上昇した。  商品ファンド筋が保有する売り持ち高は過去最高に近い水準で、相場はショートカバーの影響を受けやすい。  トウモロコシの3大生産州のうち、アイオワ、ネブラスカ両州を含む、コーンベルト西部での記録的な洪水が、作付けの減少や遅れをめぐる懸念をあおっている。米農務省は29日、生産者の作付け意向面積を発表する。  中国が米国産トウモロコシをさらに購入するとの期待が相場を下支えている。中国が先週発表した米国産トウモロコシの購入高は、ここ5年超で最大規模だった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 64 +1.5
NYMEX金先物 5月限 1273.1 +4.8
NYMEXプラチナ先物 5月限 901.1 +5.9
NYMEXガソリン 4月限 2.0722 +0.0431
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.5 -1
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 +0.5
シカゴコーヒー ・・・ 90.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0