穀物市場 | 2019年03月26日 06:54 JST

〔シカゴ小麦〕反発=テクニカルな買いやショートカバーで(25日)

 反発。テクニカル要因による買いやショートカバーが入った。最近4営業日中、3日間上伸している。  米プレーンズや米中西部の西側で、洪水や過度に湿った状況が懸念され、相場を下支えた。  5月きりの清算値は3.50セント高の469.50セント。  商品ファンド筋による売りポジションが多く、相場はショートカバーの影響を受けやすい。  主要な小麦生産地の米ノースダコタ州の大半を重く湿った雪が覆っており、春小麦の作付けが遅れる恐れがある。この農業地帯は既に、洪水による被害が数十億ドルに上るとみられている。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.93 -0.02
NYMEX金先物 7月限 1340 +7
NYMEXプラチナ先物 7月限 794.6 +4.2
NYMEXガソリン 6月限 1.6908 -0.012
WTI ・・・ 51.89 +0
シカゴコーン ・・・ 454.75 -5
シカゴ大豆 ・・・ 912.75 -2.25
シカゴコーヒー ・・・ 95.5 -0.55
CRB商品指数 ポイント 0 +0