穀物市場 | 2019年04月12日 06:51 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕反落=週間輸出成約高を嫌気(11日)

 反落。週間輸出成約高が予想を下回ったのに加え、潤沢な旧穀在庫予想が米国の作付け遅れに対する懸念を弱める可能性があり、相場を押し下げた。  5月きりの清算値は1.75セント安の360.00セント。  米農務省が発表した4日までの週の輸出成約高は54万8000トンと、事前予想を下回った。  主要生産地のサウスダコタ、ミネソタ両州で、吹雪により春の作付けが遅れる恐れが出ている。しかし、農務省が9日発表した2018~19年度末時点のトウモロコシ在庫見通しが事前予想を上回ったことで、相場は圧迫された。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 64 +1.49
NYMEX金先物 5月限 1273.1 +4.8
NYMEXプラチナ先物 5月限 901.1 +7.9
NYMEXガソリン 4月限 2.0722 +0.0469
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.5 -1.5
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 -1
シカゴコーヒー ・・・ 90.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0