穀物市場 | 2019年04月12日 15:03 JST

〔週間見通し〕シカゴ・コーン、弱含む展開=高い在庫水準―プレミア証・野川氏

 野川佐知・プレミア証券営業部投資アドバイザー=シカゴ・トウモロコシ相場は、弱含みの展開を予想する。米中西部で作付けが始まったが、少し遅れている様子。また産地の天候は、週末に吹雪に見舞われる地域もあり、荒れ模様の見通しだ。ところが、コーン相場の反応は鈍く、この地合いは来週も引き継がれるとみる。  背景には、4月の米農産物需給報告で、コーンの期末在庫が20億ブッシェルを超える高い水準となったことがある。マーケットでは、ふんだんな在庫が意識され、上値を重くしていると考える。  取引レンジについて、期近5月きりは350セント近辺まで下値を試す展開がありそうだ。現地8日にコーンの作付け進捗(しんちょく)率が発表されるが、進んでいなければ、いったん上昇するだろう。しかし、そこは売り場にもなり、下落するとみている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 64 +1.51
NYMEX金先物 5月限 1273.1 +4.8
NYMEXプラチナ先物 5月限 901.1 +7.9
NYMEXガソリン 4月限 2.0722 +0.0465
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.5 -1.5
シカゴ大豆 ・・・ 880.5 -1.25
シカゴコーヒー ・・・ 90.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0