穀物市場 | 2019年04月19日 06:44 JST

〔シカゴ小麦〕反落=潤沢な供給見通しで(18日)

 反落し、1カ月ぶりの安値を付けた。主要輸出国の豊作見通しに圧迫された。  5月きりの清算値は2.75セント安の444.25セント。  米国産小麦は、潤沢な供給や世界市場における輸出競争といった圧力にさらされている。トレーダーらは最大輸出国であるロシアとの競争激化を予想している。  米農務省が発表した最新週の米国産小麦の輸出成約高は54万5500トンと、市場予想並みだった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.3 +0.44
NYMEX金先物 7月限 1426.1 +10.1
NYMEXプラチナ先物 8月限 845.2 +12.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8342 +0.0133
WTI ・・・ 55.39 +0
シカゴコーン ・・・ 424.5 +7.5
シカゴ大豆 ・・・ 881.25 +19.75
シカゴコーヒー ・・・ 107.1 -1.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0