穀物市場 | 2019年05月18日 08:19 JST

〔シカゴ大豆〕急反落=コーンからの転作で作付面積増の可能性(17日)

 急反落。米中西部で降雨が続き、トウモロコシの作付けが遅れているため、農家が大豆に転作し、大豆の作付面積が拡大する可能性があるとの懸念が強まった。  7月きりの清算値は18.00セント(2.1%)安の821.75セント。一時は820.50セントの安値を付けた。ただ、週間では1.5%上昇した。  コモディティー・ウェザー・グループはこの日発表した顧客向けリポートで、今後10日間にわたる降雨で、ノースダコタ、サウスダコタ両州からイリノイ州にかけて、作付けが一段と遅れる恐れが生じていると指摘した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.51 -0.21
NYMEX金先物 6月限 1340.1 -5.1
NYMEXプラチナ先物 7月限 804.7 -5.1
NYMEXガソリン 6月限 1.7325 -0.0053
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 453 +9.5
シカゴ大豆 ・・・ 896.75 +15.75
シカゴコーヒー ・・・ 95.85 -0.15
CRB商品指数 ポイント 0 +0