穀物市場 | 2019年05月21日 06:46 JST

〔シカゴ大豆〕反発=ショートカバーなどで(20日)

 反発。ショートカバーが入ったほか、トウモロコシ・小麦相場高を受けた買いに、前営業日の急落分の一部を取り戻した。  7月きりの清算値は10.00セント高の831.75セント。  穀物相場は全般に、米国の穀倉地帯での大雨に支えられた。大雨により春作物の作付けが阻害されている。  来週の降雨は、トウモロコシの作付けを遅らせる恐れがあり、大豆への転作が増える可能性がある。ただ、雨が長引くと、大豆の作付けの妨げとなるかもしれない。  一方で、米中貿易協議が進展せず、引き続き大豆市場の重しとなっている。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.51 -0.3
NYMEX金先物 6月限 1340.1 -5.1
NYMEXプラチナ先物 7月限 804.7 -5.1
NYMEXガソリン 6月限 1.7325 -0.0099
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 453 +9.25
シカゴ大豆 ・・・ 896.75 +15.5
シカゴコーヒー ・・・ 95.95 -0.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0