穀物市場 | 2019年06月07日 12:39 JST

〔週間見通し〕シカゴ・コーン、いったん調整安=マーケットエッジ・小菅氏

 小菅努・マーケットエッジ代表=来週のシカゴ・トウモロコシ相場は下落するリスクが高いとみている。予想レンジは390~435セント。  米中西部では依然作付けが遅れているが、相場への織り込みは一巡した印象。一段の上昇にはエネルギー不足だ。いったん調整安となる可能性が高い。注目材料は、米農務省が発表する農産物需給報告だ。トウモロコシは作付け遅れを受けて生産量などが下方修正される可能性がある。しかし、農務省が作付面積確定前の6月報告で修正を加えたケースは過去そう多くなく、今回も小幅な修正にとどまるとみる。その結果、失望感が広がり、売られやすい。  半面、エルニーニョによる異常気象で小麦相場が上昇している。トウモロコシも影響を受けて上昇する可能性はあるだろう。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.72 -0.89
NYMEX金先物 11月限 1467.3 +3
NYMEXプラチナ先物 12月限 892.7 +1.3
NYMEXガソリン 11月限 1.635 -0.016
WTI ・・・ 57.49 +0
シカゴコーン ・・・ 371.25 -3.75
シカゴ大豆 ・・・ 918.25 -7.75
シカゴコーヒー ・・・ 105.65 -0.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0