穀物市場 | 2019年06月11日 06:47 JST

〔シカゴ小麦〕反発=ロシアの高温と乾燥天候をめぐる懸念(10日)

 反発。高温と乾燥で黒海地域での生産に影響が出るとの懸念が広がった。  7月きりの清算値は3.00セント高の507.50セント。  世界最大の小麦輸出国のロシアでは今後2週間、乾燥天候が続く見込み。米気象予報機関は、ロシアとウクライナで、例年を大幅に上回る暑さが続き、土壌が乾燥し、小麦へのストレスが増すと予想している。一方、米国では、一部の冬小麦が大量の降雨で被害を受け、品質が悪化する可能性がある。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.21 +0.13
NYMEX金先物 8月限 1500.4 -2.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 856.8 -0.8
NYMEXガソリン 8月限 1.6644 +0.0016
WTI ・・・ 56.19 +0
シカゴコーン ・・・ 365 +2.75
シカゴ大豆 ・・・ 854 +6.5
シカゴコーヒー ・・・ 91.3 +0.15
CRB商品指数 ポイント 0 +0