穀物市場 | 2019年06月11日 15:41 JST

〔東京穀物〕コーンは反発=米国の作付け遅れと円の軟化が支え(11日)

 トウモロコシは反発。中心限月の2020年5月先ぎりは、前日比90円高の2万4690円、他限月は出合いのなかった当ぎりを除き120~150円高。米農務省のクロップ・プログレスで中西部の作付け遅れが続いていることなどを背景に、日中立ち会いは買いが先行した。取引中のシカゴ相場はやや弱含みとなったが、円相場の軟化が支えとなり、プラス圏で取引を終えた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.28 +0.23
NYMEX金先物 6月限 1339.2 +0.9
NYMEXプラチナ先物 7月限 809.4 -6.3
NYMEXガソリン 6月限 1.7199 +0.0145
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 442 +11.25
シカゴ大豆 ・・・ 888 +9.25
シカゴコーヒー ・・・ 96.1 -1.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0