穀物市場 | 2019年06月12日 06:48 JST

〔シカゴ小麦〕続伸=期末在庫予測の下方修正で(11日)

 続伸。米農務省が期末在庫予測を予想より大幅に下方修正をしたことが背景。  7月きりの清算値は10.50セント高の518.00セント。  農務省はこの日発表した6月の需給報告で、2018~19年度の米国産小麦の期末在庫を11億0200万ブッシェル(前月は11億2700万ブッシェル)に引き下げた。市場予想は11億2100万ブッシェルだった。同年度の小麦輸出予測は9億5000万ブッシェル(9億2500万ブッシェル)。  農務省はさらに、19~20年度の期末在庫予測を10億7200万ブッシェル(11億4100万ブッシェル)に引き下げた。  トレーダーらは、トウモロコシ相場の上昇も小麦相場の買いを支援したと話した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.28 +0.23
NYMEX金先物 6月限 1339.2 +0.9
NYMEXプラチナ先物 7月限 809.4 -6.3
NYMEXガソリン 6月限 1.7199 +0.0145
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 442 +11.25
シカゴ大豆 ・・・ 888 +9.25
シカゴコーヒー ・・・ 96.1 -1.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0