穀物市場 | 2019年06月13日 06:37 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕続伸=降雨の影響に懸念(12日)

 続伸。米中西部で続く降雨の影響で、作付面積や収穫量が減少するとの懸念が強まった。  7月きりの清算値は2.25セント高の430.00セント。  コモディティー・ウェザー・グループは、週末の降雨が米中西部の一部で「遅れている作付けを休止させる」との見方を示した。  今春は降雨が多く、農家は作付けの遅れに見舞われている。通常ならトウモロコシの作付けは完了している時期だが、米農務省の10日の発表によると、まだ83%しか完了していない。  米エネルギー情報局(EIA)が12日発表した週次の在庫統計では、エタノール在庫は3.5%減の2180万バレルとなった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.21 +0.01
NYMEX金先物 8月限 1500.4 -2.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 856.8 -2.3
NYMEXガソリン 8月限 1.6644 -0.001
WTI ・・・ 56.19 +0
シカゴコーン ・・・ 365 +3.25
シカゴ大豆 ・・・ 854 +6.25
シカゴコーヒー ・・・ 91.4 +0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0