穀物市場 | 2019年07月12日 06:51 JST

〔シカゴ小麦〕続伸=世界主要産地の生産見通し下方修正で(11日)

 続伸。米農務省の需給報告で世界の主要な小麦輸出国での生産見通しが下方修正されたため。  9月きりの清算値は16.75セント高の521.50セント。一時は月初来高値となる523.00セントを付けた。  農務省は7月の需給報告で、2019~20年度の小麦生産に関し、ロシアと欧州連合(EU)、オーストラリア、カナダにおける見通しを下方修正した。  19~20年度の期末在庫見通しは6月時点の2億9434万トンから2億8646万トンに下方修正され、アナリストの予想した幅の下限に近い値になった。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.58 -0.18
NYMEX金先物 7月限 1411.4 -6.3
NYMEXプラチナ先物 7月限 839.5 +5.2
NYMEXガソリン 7月限 1.9303 +0.0054
WTI ・・・ 59.27 +0
シカゴコーン ・・・ 441 -10.75
シカゴ大豆 ・・・ 901.75 -16
シカゴコーヒー ・・・ 108.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0