穀物市場 | 2019年07月19日 12:08 JST

〔週間見通し〕シカゴ・コーン、値固めで小動きか=サンワード貿易・植村氏

 植村和久・サンワード貿易営業部コンシェルジュ=来週のシカゴ・トウモロコシ相場は小動きを予想する。米農務省が8月の農産物需給報告で、トウモロコシの作付面積について再調査結果を発表するまで、まだ3週間以上ある。産地の天候や生育状況、週間輸出統計などを手掛かりに、値固めする展開になりそうだ。予想レンジは420~440セント。  今週は、産地の高温・乾燥懸念が後退したのに加え、輸出成約が低調だったため、週末にかけて軟調に推移した。しかし値頃的にはそろそろ売りは一巡し、生育の遅れが蒸し返されやすくなるとみる。  米国の利下げ観測が強まっていることも支援材料だ。利下げ観測からドル安が進めば、米国産トウモロコシの輸出競争力が増し、シカゴ相場にはプラスに働くだろう。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.17 +0.5
NYMEX金先物 8月限 1526.6 -2.3
NYMEXプラチナ先物 10月限 855.3 +10
NYMEXガソリン 8月限 1.6428 +0.0176
WTI ・・・ 54.05 +0
シカゴコーン ・・・ 359.75 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 843.25 +10.5
シカゴコーヒー ・・・ 92.6 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0