穀物市場 | 2019年08月02日 06:40 JST

〔シカゴ・トウモロコシ〕続落=新たな対中関税報道などで(1日)

 続落。米国産の作物にとって好都合な天候になるとの予報や、米国による対中関税の報道が弱材料だった。  9月きりの清算値は7.50セント安の392.75セント。新穀12月きりは7.50セント安の402.50セント。  気温低下予報を受け、収穫見通しをめぐる懸念が和らいだ。  トランプ米大統領は9月1日から、残りの3000億ドル相当に10%の追加関税を課すと表明した。  米農務省が発表した週間輸出成約高によると、米国産トウモロコシは27万2600トンと30万~85万トンの予想レンジを下回った。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.85 +6.28
NYMEX金先物 9月限 1490.9 +15.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 952.2 +5.2
NYMEXガソリン 9月限 1.5531 +0.1738
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 +1.75
シカゴ大豆 ・・・ 898.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 99.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0