穀物市場 | 2019年08月20日 06:40 JST

〔シカゴ大豆〕反落=米中西部の降雨で(19日)

 反落。週末にかけて米中西部で降雨があり、2019年の収穫見通しが改善した。  中心限月11月きりの清算値は13.25セント安の866.50セント。  米農務省が発表するクロップ・プログレスに関するアナリスト調査によると、「優」「良」の占める割合は54%と前週から横ばいの見通し。  米農務省が発表した9~15日の週間輸出検証高によると、米国産大豆は、115万8217トンと、予想レンジの60万~110万トンを上回った。  トレーダーは、農業調査会社プロファーマーによる米中西部での4日間のクロップツアーに関する詳細を待っている。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.85 +6.09
NYMEX金先物 9月限 1490.9 +15.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 952.2 +4.8
NYMEXガソリン 9月限 1.5531 +0.1684
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 +2.75
シカゴ大豆 ・・・ 898.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 99.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0