穀物市場 | 2019年08月21日 06:55 JST

〔ウィニペグ穀物〕菜種、反発(20日)

 菜種は反発。最近の欧州産菜種の相場上昇が支援材料。現物市場での農家筋の売りが限定的だったことや、ファンド筋が大量のショートポジションを抱えていることも、押し上げ要因となった。  11月きりの清算値は1.20ドル高の451.40ドル。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 58.19 +0.2
NYMEX金先物 9月限 1498.4 +4.6
NYMEXプラチナ先物 10月限 942.4 +4.5
NYMEXガソリン 9月限 1.7007 -0.0183
WTI ・・・ 57.87 +0
シカゴコーン ・・・ 372.75 -1.75
シカゴ大豆 ・・・ 893 -10.75
シカゴコーヒー ・・・ 98.35 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0