穀物市場 | 2019年08月23日 12:40 JST

〔週間見通し〕シカゴ・コーン、下値固める展開か=サンワード貿易・植村氏

 植村和久・サンワード貿易営業部コンシェルジュ=来週のシカゴ相場は、下値を固める展開を予想する。予想レンジは360~380セント。  米農務省が発表した8月の需給報告を受けて、トウモロコシ相場は急落、軟調地合いをたどってきた。ただ、今週行われた農業調査会社プロファーマーによるクロップツアー(実地調査)によると、単収は各州で過去の実績を下回り、改めて今シーズンの生育状況の悪さが認識されつつある。加えて、産地の気温が低めになっていることも気掛かりだ。幸い受粉期の高温・乾燥は避けられたが、これからトウモロコシの子実が熟する過程で気温が下がれば、実の付きが悪くなる。  シカゴ市場では相場の下落過程で投機筋の売りポジションが膨らんでいる。これらが買い戻されるだけで相応の反発が見込まれる状況だ。過去の相場変動からは、クロップツアーを境にそれまで下げ傾向だった相場が持ち直すパターンがうかがわれる。400セント超えは難しいかもしれないが、9月以降はいくらか戻りを試す展開になりそうだ。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.85 +6.28
NYMEX金先物 9月限 1490.9 +15.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 952.2 +4.1
NYMEXガソリン 9月限 1.5531 +0.1724
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 +3
シカゴ大豆 ・・・ 898.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 99.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0