穀物市場 | 2019年09月21日 08:21 JST

〔シカゴ小麦〕続落=利益確定売り(20日)

 続落。今週1カ月ぶり高値を付けた後、利益確定の売りに押された。12月きりの清算値は3.75セント安の484.25セント。  トレーダーによると、米国は世界市場で激しい販売競争に直面。需要減退が懸念材料になっている。  一方、ミネアポリス穀物取引所(MGEX)の春小麦は、上昇。農作物の質を落とす大雨をめぐる懸念が買いを支援した。  米国と世界の小麦供給は全体としては潤沢な状況にあるが、製粉業者が求める最高グレードの米国産小麦の品質問題で、現物価格が高騰する可能性がある。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.78 -0.06
NYMEX金先物 10月限 1488.2 -0.4
NYMEXプラチナ先物 11月限 894 -0.3
NYMEXガソリン 10月限 1.623 -0.0056
WTI ・・・ 53.7 +0
シカゴコーン ・・・ 391 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 934 +5
シカゴコーヒー ・・・ 95.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0