穀物市場 | 2019年10月11日 12:15 JST

〔週間見通し〕シカゴ・コーン、下値余地乏しい=グリーンC・大本氏

 大本尚之・グリーン.カウンティ社長=来週のシカゴ・トウモロコシ相場の予想レンジは375~400セント。10日に米農務省が発表した農産物需給報告が弱い内容だったことを受けて相場は急落したが、産地の寒波予想や米中貿易交渉の進展などを考えると、現水準からの下値は限られるだろう。  10月の農産物需給報告でトウモロコシの単収が引き上げられたことはサプライズだった。現地の生産者からは米農務省の見通しは楽観的すぎるとの声も聞かれるが、発表された数値については、受け止めなければならない。  ただ、コーンベルト西部では現在、寒波・降雪の予想が出ており、品質劣化や単収の低下に注意する必要がある。米農務省のクロップ・プログレスによると、6日時点でトウモロコシの成熟率は5年平均よりも27ポイント低い58%に過ぎず、1週間弱で急速に成熟が進んでいるとは考えにくい。寒波の影響は免れないだろう。  降雪は大豆の収穫により深刻な影響を与えるだろう。米中貿易交渉では中国が大豆の大量購入に応じることに期待が高まっている。大豆相場の上昇が、トウモロコシの支えになる可能性が高い。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.77 +1.16
NYMEX金先物 11月限 1471.8 -2.7
NYMEXプラチナ先物 12月限 881.1 +12
NYMEXガソリン 11月限 1.6158 +0.0226
WTI ・・・ 56.52 +0
シカゴコーン ・・・ 375.75 -5
シカゴ大豆 ・・・ 916.75 +1.25
シカゴコーヒー ・・・ 106.6 -1.45
CRB商品指数 ポイント 0 +0